プログラマが在宅ワークをするメリット、デメリット

在宅ワークで稼ぐJavaプログラマになろう!

在宅ワークのメリット、デメリット

在宅ワークのメリット

例えば「在宅ワーク」といえば、通勤時間は必要ないし、決まった席で仕事を行う必要はなく、仕事時間を自由に設定できて、細切れな時間を上手に使えば、実力次第でそれなりの収入にもなると、楽観的に考えることも出来るでしょう。確かに企業の雇用下にあれば、就業規則の縛りもあり、上司と部下との関係もあり、電話がかかって来たり、取引先に出向いたりと、一人で仕事に没頭することが難しい環境にあるのも事実です。何よりそのような就業形態では仕事を続けることが難しい、子育て中や介護中の人であっても、どうにか仕事に携わり続けることが出来る点で、歓迎すべき点も大いにあります。特にJavaプログラマなど、ネットワーク環境さえ整っていれば、どこで仕事をしていても大差ない職種であれば尚更です。在宅ワークは、基本的にクライアントと在宅ワーカーとが一つ一つの案件について、受発注することで契約を結び、仕事の納品に対して報酬を支払うのであり、仕事を納期までに合意した品質で完成できれば良いわけです。またフリーランスに限らず、会社勤めのプログラマであっても、会社が副業を認めているのであれば、業務に支障をきたさない範囲では、在宅ワークも可能でしょう。場合によっては、自ら興味のある分野を開拓することができるチャンスにもなるでしょう。

在宅ワークのデメリット

その一方で、在宅ワークであれば、基本的にクライアントを探すのも、仕事をこなすのも本人次第です。通勤時間も会社の人間関係も無い分、寝起きする生活空間で仕事をするため自分なりにケジメをつける必要があり、またともすればパソコンの画面を睨み続けて1日が終わるということも珍しくありません。このような孤独な状態はややもするとモチベーションを保つのに苦労することにもなりかねないため、自分なりの工夫や対策を練る必要があるでしょう。またスケジュール管理や、体調管理も不可欠です。在宅ワークの中には、高額な報酬のものもありますが、多くは単価が安く、安定的に仕事を受注できるとは限りません。そして在宅ワークといえども、求められる品質と納期は、クライアントとの契約によりますから、受注してしまえば重い責任に比して割に合わない報酬であっても、仕事を完成させなければなりません。またネットワークなどPC環境に不具合が生じても、基本的に仕事は納期までに間に合わせなければなりません。更にクライアントとの間でトラブルが発生しても、基本的には自分で対処する他ありません。最初に受発注する段階で、契約内容をよく確認し、疑問点は明らかにして、低すぎる報酬やうますぎる話などは、早めに断るなど、きっぱりとした態度で臨むことも、時には必要です。

POPULAR TOPICS

在宅ワークとは

インターネット等のおかげで、自宅で仕事をする、いわゆる「在宅ワーク」をする人が増えています。在宅ワークは、それぞれのライフスタイルや環境などにあわせて働くことができます。しかし、そのように自由度が高い反面、労働基準法で守られてはいないことや健康管理など、自己責任の割合が大きくなります。 詳しく読む

在宅プログラマの仕事

在宅プログラマは個人事業主になるので、かなり高いスキルが求められることとなります。在宅ワークであってもプログラマの場合、収入面では十分良い方ですが、個人事業主ですから安定面では不安もあるでしょう。また、プログラマは長時間労働になりがちです。自己管理できることが重要です。 詳しく読む

今求められているJavaプログラマとは?

増大しているJavaプログラマ求人ですが、人材を求める企業と技術を活かしたい技術者のミスマッチも起きています。いくら経験豊かな技術者であっても、企業が求める姿に合わなければうまくいきません。自分の経験やできること、活かしたいことを自分で把握し、それを求めているところへアプローチすることが大切です。 詳しく読む

FEATURE TOPICS

在宅ワークは副業にもおすすめ

会社に行きながら、その家計の足しにするために自宅での在宅ワークを副業にする。会社で副業が禁じられている場合は無理かもしれませんが、実際に相談したら大丈夫な場合もあります。その代わり、会社の仕事はしっかりやりましょう。自分の身、自分の家族は自分で守るしかないのです。 詳しく読む

在宅プログラマの向き不向き

やはりプログラミングが好きであるということが大事かもしれません。また、一つのプロジェクトにはたくさんのプログラムがあり、それをたくさんのプログラマが分業するのが一般的ですし、SEや顧客と相談することもあります。相手の要望をくみ取るコミュニケーション能力も求められます。 詳しく読む

「ITエンジニアが独立して成功する本」

ITエンジニアが独立して成功するにはどうしたらいいのでしょう。どんな思考法でのぞめばよいのでしょうか。そのノウハウが書かれているものが、「ITエンジニアが独立して成功する本~年収2000万円を稼ぐ!」という本です。ぜひ参考にしてみてください! 詳しく読む